ビットレートとは?

動画に関する用語

ビットレートとは?


特に有料アダルト動画サイトで作品詳細ページに書かれてたりします。

ビットレート、1500K とか2000kbpsとか、4000kとか。

拙者はアダルト動画暦は長いのですが、初心者の頃はさっぱり意味がわかりませんでした。

っていうか、動画が見たくて無視でした。



なので、ビットレート何?と思う方もいりかも知れません。



検索してWikiPediaで調べると、「ビット毎秒(ビットまいびょう)は、データ転送レート(JISの情報処理用語としてはビット
速度、bit rate)の単位である。1秒間にデータ転送路上の仮想の、または物理的な地点を通過した(すなわち転送された)ビットの個数と定義される。」

何のこっちゃ。となるわけです。



アダルト動画サイトの動画の事だけを考えると、

「映像データと音声データが1秒あたりどのくらいの情報量で表現されているか」だそうです。

数字が大きいほうが情報量が多い=画質がいい。って事になります。



アダルト動画は画質大事です。

肌の質感があるほうが、ないよりリアル感が増して興奮します。

アソコだって、ハッキリ、クッキリしてるほうがいいですよね。

同じ動画でも画質の違いで楽しさ、興奮度がまったく違うんです。



盗撮動画も特にそう思います。

ただでさえ暗いシーンを覗いてるから、画質が悪いとノイズばかりで何してるのかよくわかりません。

画質のいい動画だと、自分が覗いてるような感じで興奮して楽しめます。


画質がいいビットレートは?


数字が大きいほど情報量が豊富なので、

1500kよりも2000k。

2000kよりも5000kとなるわけです。



正式には、5000kbpsとかになるようです。

bpsとは、データ転送速度の単位です。

ビット毎秒。1bpsは1秒間に1ビットのデータを転送できることを言うようです。



アダルト動画では、

1500kbpsから2000kbpsまでをDVD並み画質と言ってます。

3000kbpsを超えるとハイビジョン画質と言ってます。


ビットレートが大きいほど画質がいいの?


ビットレートだけを見れば数字が大きいほうが画質がいいです。

でも、普段見てるアダルト動画は、ビットレートだけでは語れません。



この画面は、昔主流のテレビサイズですよね。

ハイビジョンカメラで撮影された動画ではないわけです。

この画面と縦サイズが同じで横が広がってる動画なら!



今主流のサイズ、動画サイトではハイビジョン動画、HD動画と記載されてる作品です。

こちらは、ハイビジョンカメラで撮影しています。


昔のハンディカムより、今のハイビジョンで撮影できるハンディカム、ムービーで撮影した動画のほうが綺麗なのはムービー撮影する人なら判りますよね。

元々、撮影時に記録されたものが、歴然と画質が違いますから、同じ5000Kbpsの動画であっても、横長のHD動画のほうが高画質になるわけです。


横長の今主流の動画でも、動画サイズというものでも画質が違ってきます。

動画サイズの違いによる画質の違い

Article Global Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Eli Pets

タグ: ,

コメントは停止中です。

TOPへ戻る